Crave HOMEへ
人材派遣とアウトソーシングの株式会社クレイブ
会社案内 お問い合せ 資料請求
総合的廃棄物処理システム C・GEN
企業様用
人材派遣
ご利用の流れ
派遣・有料職業紹介
派遣ご利用のメリット
アウトソーシング
アウトソーシング
スタッフ用
登録のメリット
派遣のしくみ
求人情報
クレイブ紹介
スタッフの声
スタッフ用
コラム/スタッフの声
コラム より道

山中教授っていう人・・・

  先日の日経新聞に、再生医療に欠かせないiPS細胞を作り上げノーベル賞を受賞した山中教授が記事になっていた。研究者は研究一筋で、その他のことは人任せなのが普通だけれど、この山中教授は違う。この体中のすべての細胞に分化する能力がありそれも無限に増殖できるiPS細胞から移植細胞を作るために必要な特許を持っている富士フィルムに、山中教授は特許使用料を抑制するように要請しているのだ。
国の支援のもと京都大学iPS細胞研究所は再生医療向けのiPS細胞の備蓄を進める。これをもとに企業などが再生用の細胞を作り再生医療実施の体勢を整えるのだが、この時特許使用料が高いと再生医療普及の足かせになってしまう。山中教授はiPS細胞備蓄は公共事業だと断言する。そのためにも低額にすることが重要だと説いている。こんな研究者がかつていただろうか。かの発光ダイオード訴訟に見るように利権が絡めば本人まで巻き込んで元の発見や発明まで色あせてしまうようなことだってある話なのに。改めて日本の宝だと思う。


池田(H29/12/12)  

スタッフの声
クレイブで実際に働いてみての感想をインタビューしました。

Photo
工場作業/大塚 誠
「スーパー助っ人マン」
クレイブの受託3工場を、すべて経験した唯一のスーパー助っ人マンと呼ばれています(笑)どんな仕事も楽しくできます。どんな仲間とも仲良くなれます。どんなに疲れていても笑うことができるのが自慢です。

Photo
工場作業/中島 美津子
「10年目です」
息子が2人派遣ドライバーとしてクレイブで就業していました。そのご縁で私もリサイクル工場のお仕事をさせていただくようになり、今年で10年になります。若い仲間たちとも仲良く働けて、毎日がとても楽しいです。

工場作業/足本 正美
「仕事に誇りをもって取り組んでいます」
大田区京浜島の企業様で不燃ごみ分別の仕事をしています。不燃物は混入が多く分別作業は欠かせません。金属や電池、電化製品、陶器、ガラス等を正確に分類して、リサイクルの循環がスムーズになるよう日々取り組んでいます。入社8年目です。

工場作業/石津 桂子
「勤続16年」
工場の立ち上げからずっと勤務しています。今ではペットボトルプラントのライン調整はすべて任されています。ラインには8名が並び、一日平均で7トンのペットボトル処理をしています。この工場の製品は都の検査でA級品のお墨付きを頂いているのが自慢です。

Photo
工場作業/仲本 正則
「仲間と安全な職場作り」
江東区有明の企業様で、資源物の選別作業にあたる11名のスタッフのリーダーとして就業しています。仲間も増えてきてとても嬉しく思う反面「安全な作業」をますます徹底して行けるよう緊張感を持って業務に臨んでいます。

アウトソーシング/リサイクル工場
「ペットボトルの中間処理工場」
23区内から出されるペットボトルを圧縮・減容する中間処理工場です。年間処理量は1200t ほど。季節によって6〜10人で対応しています。20歳から64歳までの幅広い年齢層により構成されたチームには思いやり、優しさ、笑顔があふれています。


▲ページトップへ
Copyright(c) 2004 Crave All Right Reserved.